考えることが大切 | 貸事務所が注目されているのはなぜだか知っているか

考えることが大切

広いオフィス

貸事務所を利用する場合

貸事務所が流行っています。貸事務所は会社を設立して事務所として使う場合に利用します。貸事務所の借り方は普通の賃貸住宅の借り方と同じです。まずは貸事務所の契約をする前にどのような会社にしたいかをイメージをすることが大事になります。少なくともその事務所を借りている期間は明確にイメージを固めておいが方が良いでしょう。例えば規模を大きくするというイメージであれば、現在の人数よりも少し広めの事務所を借りる必要が出てきます。逆に規模を拡大する必要がなければ広いところを借りるとそれだけ経費の無駄遣いになってしまいます。次に、見学をします。実際にその貸事務所の場所まで車で連れて行ってもらうことで、イメージをより具体的に膨らますのです。

実際に建物の中を見ておこう

イメージが膨らんだとすれば、その土地でよいかどうかがわかるはずです。例えば、その貸事務所が駅前であれば人の出入りが多い事務所である場合が考えられます。また、ビルの前の道が動線になっているかどうかを考える必要があります。人の出入りが多い仕事、例えば派遣業を営むのに、動線から外れて地図ではわかりにくい少し奥に入った場所にあるとすれば、初めて訪れる人が見つけにくく業務に支障を来たす可能性があります。また、日当たりも意外と大事です。日当たりがいい会社は夏場は暑いかもしれませんが、冬場は戦い貯め暖房代が節約できます。それのみでなく、会社のイメージが明るいイメージになり、そこで働く人の士気にも関わるのです。